フォニックス

日本人だからこそ、英語の「聞く→話す&読む→書く」の力がバランスよく育つようにと考えています。

3歳児が100のサイトワードを読める!
ミニマックスのお教室に一歩入れば、先生ともお友達とも全て英語の世界です。その環境の中で繰り広げられるミニマックス・ワールドはオリジナルの教材で楽しい先生たちによって、質の高い英語力をしっかり習得できるカリキュラムに基づいています。

3ヶ月に1度、ご家庭との面談があります。フィードバックをしながら、お子様の英語力や様々な成長を確認していきます。

フォニックスとサイトワードは徹底的に行っています。

フォニックス Phonics
フォニックスとサイトワードは徹底的に!3歳児が100サイトワードを読める

綴り字と発音との間のルールを学ぶ”フォニックス”は、繰り返し繰り返し、フラッシュカードを使用しながら、しっかりと学びます。クラス毎にレベルにあったフォニックスを学びます。フォニックスで読める単語をどんどん読ませていきます。

毎月、学んだ単語をどれだけ習得できているか、お子様1人1人きめ細やかにチェックします。そして、月末には先生とマンツーマンでマンスリーテストを実施して、確認していきます。

さらに、英語特有のリズムを習得するのに有効な”チャンツ”も毎日行っています。
チャンツは英語を学習する方法の1つで、英語の日常的な場面での話し言葉をリズムに乗せて表現したものです。一定のリズムに乗せて、英語文を歌のようにして、楽しく発音やイントネーションの練習ができます。

ウォーターサイクル
マンスリーテスト Monthly test
お友達の前で、動じずに思いを自分の言葉で表現します。

ミニマックスにはスピーチのための可愛い舞台があります。
毎日、サークルタイムにはステージに上がってスピーチをしています。
自分の伝えたいことを書き留めて発表したり、順番にスピーチをしたお友達に質問をしたり・・・。インタビュー形式のレッスンは慣れていくほど上達していきます。
   
日本人の多くは人前で話したり、自分の意思を伝えることが苦手と言われますが、毎日のスピーチカリキュラムで、動じずに伝える力を育てていきます。

ウォーターサイクル
読む Reading
英語の絵本を1人で読める力と楽しさを

フォニックスの成果により、お子様のレベルにぴったりと沿った絵本を、1人でどんどん読み進められるようにしていきます。
1人で読む楽しさがわかってくると、お子様の英語の表現力、書く力が飛躍的に伸びます。

このレベルに達するのには、500時間以上の英語環境が必要です。

ウォーターサイクル
書く Writing
書くことが好きになる! 3歳でアルファベットが全て書けるようになります。

鉛筆の正しい持ち方から動かし方(運筆)もしっかし指導し、練習します。
運筆は早くから練習すればするほど、書く楽しさを早く知ることができ、好きになっていきます。
2歳児も毎日アルファベットを練習していきますので、3歳になる頃までにはアルファベットはほぼ完成しています。
「書く」授業は、個人のレベル別にワークブックを使用しています。
サマースクールなどでは、物語を自分で書いて絵本作りにも挑戦します。

ウォーターサイクル
聞く Listening
毎日1~2冊の絵本の読み聞かせがあります。

ミニマックスに1歩入れば英語シャワーの環境で、常に多くの英語を聞き続けていますが、カリキュラムとして、子供達の大好きな絵本の読み聞かせの時間も充実しています。
毎日1~2冊の本を、1ヶ月にすれば20以上のストーリーを読み聞かせしています。
読み聞かせで沢山の本に触れることで、聞く力はもちろん、物事を楽しいと感じる心や人の気持ちを思いやる心など、色々なことが育まれます。

ウォーターサイクル
スピーチ Speach
お友達の前で、動じずに思いを自分の言葉で表現します。

ミニマックスにはスピーチのための可愛い舞台があります。
毎日、サークルタイムにはステージに上がってスピーチをしています。
自分の伝えたいことを書き留めて発表したり、順番にスピーチをしたお友達に質問をしたり・・・。インタビュー形式のレッスンは慣れていくほど上達していきます。
   
日本人の多くは人前で話したり、自分の意思を伝えることが苦手と言われますが、毎日のスピーチカリキュラムで、動じずに伝える力を育てていきます。

ウォーターサイクル