コンセプト

インターナショナルスクール

日本人のためのインターナショナル・スクールです。


幼児期の大切な時間は、あっという間に過ぎていきます。
我が子にいつ、どこで、どのように環境を作ってあげるのか。
託児や保育だけでなく、子供に楽しく教育を受けさせたいと思うのはどの親も同じです。
ミニマックスは、日本人が英語環境に浸り、自然と英語を身につけていくスクールです。
さまざまな体験を通して「聞く・話す・読む・書く」をバランスよく学べるよう、毎月決め細かいカリキュラムを準備し、子供のレベルに合わせて教材を選んで提示します。 先生は全て経験豊かなネイティブスピーカー。
日々、1人1人を丁寧に観察し、子供たちの”旬”な学びを、まるでマジシャンのように楽しく、面白く与えていきます。
貴重な幼児期の時間を、最高のカリキュラムと環境の中で過ごし、楽しく様々な体験を知識に、知識を知恵につながるように時間を重ねていきます。

4つの特徴

インターナショナルスクール
インターナショナルスクール
●『1000時間の英語時間』  何歳から始めても1000時間は必須!日本語と同じレベルの英語の絵本を読めるように。
何歳からスタートしても、英語力を習得するのに1000時間以上の英語時間が必須です。 日本人家庭の子供に英語を学ばせようと英語のDVDを見せたり、聞かせても、多少英語の耳はできても、話せるようになることは困難だと思います。
しかし、優れた英語力をもつネイテイブと対話をしながら、話しかけられていることを聞き、お友達を真似て、自分も答えようとすることで、会話力が育ちます。これは日本語と同様です。
特に、幼児期には大人と違って色々な音(英語の母音の数は多く、周波数は日本語とまるで違います)を聞き分け、真似ることができるので、この時期にその環境を作っておいてあげることは、将来につながる、とても大切な時間となることは間違いありません。

就学前の時間に1000時間の英語環境を集中的に持った子供たちは、やはり土台が違うように感じます。あるときから、泉が溢れるがごとくスラスラと英語が飛び出し、自分の言いたいことをきちんとしたセンテンスで話し、同時に日本語で読むのと同じレベルの英語の本を読み、さらには書けるようになっています。
インターナショナルスクール
●『2歳児からの英語教育』 託児や保育だけでなく、教育カリキュラムのある場で過ごさせたい。
ミニマックスは2歳児からクラスがあります。2歳児のクラスでも使われるのは英語のみ。
選りすぐりのカリキュラムのもと、活発な英語のシャワーの中で、「聞く→話す・読む→書く」をバランスよく学びます。
インターナショナルスクール
子供はスポンジが水を吸収するがごとく、様々な体験を通して、体感や感動と共に知識が身についていくもの。と考え、何度も何度も色々な角度から刺激を与えていきます。
2歳児、3歳児でも、理科の実験や社会で世界を知ったり、インド算数や遠足など、制限をつけずに豊富な体験を積むことができます。
英語の「書く・読む・話す・聞く」を通して楽しく勉強しましょう。
オプションで、ピアノ・バレエのクラスにも参加できます。
インターナショナルスクール
インターナショナルスクール
●『子供たちが釘付けになる、経験豊かな先生たちの指先』 子供の好奇心に応え続ける先生たちの力と優れたカリキュラムで育みます。
「先生はまるでマジシャン!」子供たちは先生の指先に釘付けです。
作り込まれた決め細やかなカリキュラムを、実際に子供の前でみせてくれる先生は、子供の好奇心を引き寄せる天才!!
1人1人の子供の、日々の様子をしっかし観察し、その子の”旬”を捉えて一歩先を提示してあげられるのは”先生の力”だと思います。子供は先生によって、伸ばされていきます。

ミニマックスの3つの柱、それは、
★子供の好奇心に応え、興味を引き続ける指針となるのは練りこまれた”カリキュラム”
★愛情深く、明るく快適に子供たちを見守り、手品を繰り広げてくれる先生”
★オリジナルで作られた”教材”
です。

いつでも、その子の”旬”に沿った「楽しいこと」、「面白いこと」、「新しいこと」を子供の目の前で次から次へと見せていきます。 自分の言いたいことを持ち、それを表現する力を備えたユーモアのある子供を育てたいと考えています。
インターナショナルスクール
●『ご家庭との連携』 英語はミニマックスで!ご家庭では日本語をしっかりと!
子供がミニマックスで体験したことを、ご家庭では日本語でも教えてあげてください。
ママやご家庭との連携プレイで、子供の興味から話を広げていきたいと考えています。
ミニマックスでは、その月に学ぶことを毎月ニュースレターでお渡ししています。それに加えて日々の様子を伝えるデイリーノートや、3~4か月に1度の面談でフィードバックをするなど、ご家庭とのコミュニケーションを大切にしています。
インターナショナルスクール
私たちは日々、1人1人の子供をじっくり観察し、子供たちに合うタイミングを見ながら、良い刺激、楽しい話題や問いかけをしながら芽を育てます。
そのために欠かせないのが、我が子の教育に熱心なご家庭との連携なのです。

◆デイリー連絡ノート
 その日の子供の体調や、気をつけてほしいことをママから先生へ。
 スクールでの出来事や、気付いたことを先生からママへ。
 ご家庭との日々の連絡ノートで、コミュニケーションを大切にしています。

◆毎月のカリキュラム予定表
 毎月、各クラスで学ぶテーマやイベントなどのカリキュラムを2ヶ月前に提示します。
 スクールでどんなことを学んでいるのか知っていただくことで、ご家庭での会話の広がりにも役立ていただくことを目的としています。

◆マンスリーテスト&フィードバック(面談)
 1人1人の子供の様子や状況を各レベル毎に細かく観察し、記録しています。
3~4か月に1度、担任の先生と面談をして、子供の英語の進歩やボキャブラリーの定着度、得手・不得手の確認、よく使うフレーズ、新しく覚えたフレーズなどをご報告し、  フィードバックを行っています。