年齢に合わせた考え方

1.5歳から始める英語

1.5歳から始める英語
2歳0か月から本格的にフォニックスを学んでいくための基礎として、英語の高音域の音を聞かせていきたいと考えています。日本人が聞こえない音域はできるだけ小さい頃に聞かせておいてあげることで、2歳からの言葉習得にアドバンテージがあるものと考えています。
◆ネィティブの発音を耳で感じます。先生の言っていることを真似して、自分の声を聴きます。
◆見て、触って、感じて、その感覚を言葉にしていきます。
◆体を動かして、単純な動作から指示行動を学んでいきます。
◆1.5歳から1・11歳まで、の6か月にスパイラル方式で同じことを、何度もレッスンの中に取り入れ、少しずつ難しいことにチャレンジしていきます。

2歳から始める英語

2歳から始める英語
2歳の子供はまだ日本語で聞く力も話す力もそれほどついていません。この時点から英語を始めれば、あっという間に日本語レベルの英語力に達することができます。2歳児はママと離れるのがつらいのですが、ここから英語を始めるのが、一番、楽に英語学習をしていくことが出来ます。
現在、2歳からミニマックスで英語学んできた子供が、小学校4年生、9歳になっています。ミニマックスの最年長児です。この子供達の英語レベルは英検の2級、準2級レベルになっています。
読む・書く・聞く・話すはバランスがとれており、小さい頃からの耳づくりが効果的であることが証明されています。スピーチコンテストにも参加し入賞しています。

3~4歳から始める英語

3~4歳から始める英語
この年齢の子供達はかなりの日本語を理解するようになっています。ママとも、先生とも友達とも話ができるようになっています。
日本語では聞くことも、話すこともできるのに英語ではまるでわからないということがわかってきます。
ここが2歳児と一番違うところです。英語をわからない言葉だと感じてしまう年齢になって始める方には、少し頑張って、英語時間を沢山つくってあげてほしいとお願いしています。英語に触れる時間が多ければ、子供はあっという間に言葉を理解し、ゲームに参加し、ストーリータイムにもお話しを聞けるようになります。できるだけ、就学前に1000時間を意識して、英語環境を作ってつくっていくのがベストです。

小学生から始める英語

小学生から始める英語
2~3歳の子供が英語を始めるのとは明らかに状況が違います。今まで6年間日本語だけを聞いてきた子供にとって、英語の周波数は日本語とはまるで違うため、先生の英語の発音を聞き取ることに大変、苦労します。(英語の周波数はとても高音で、今まで聞いてこなかったゾーンのために、聞こえない音もでてきてしまう子供もいます。)
聞くことが出来ないと、先生の音をまねることが出来ません。そこが一番苦労するところです。
ただし、2~3歳児とは違い、記憶力も集中力もあるので、時間さえ作ることができればその壁を超えることができています。
施設案内